FC2ブログ

いらっしゃいませ♪

拍手コメント返しました
>>ハルさん 「ワーネバ日記2日目 ~牧場のお仕事~」 追記欄にて

コメント返しました
>>ナガマサさん 「ワーネバ日記3日目 ~農地で収穫~」追記欄にて
>>シンシアさん 「ポケモンスナップで可愛いポケモン達をぱしゃりっ!」追記欄にて

>>Rh+さん    「風邪に気を付けましょうというだけの話」 追記欄にて(New)

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 ゲームブログへ
にほんブログ村  ←良ければぽちっとお願いします♪

フリーゲーム「Ib」がプレイヤーの心に残すもの

2016.11.22 23:08|フリーゲーム
フリーゲーム界に革命を起こしたと言っても過言ではないゲームがありましたね


00title.png



フリーゲームをプレイする方は聞いたことあるんじゃないでしょうか??
この「Ib」は2012年にリリースされた、探索ホラーのゲームです
こうやって考えると、Ibって知名度の割には結構最近の作品なんですよね。


それまでのフリーゲームで有名だったのは青鬼なんかでしょうか?
青鬼もプレイしたんですけどね!あれは初プレイ時はめちゃくちゃ叫んでたんですけど、
今となってはギャグゲーの如くプレイ出来ますね


ちなみに覚えている限りでは、Ibがリリースされた頃にちょうどノートパソコンを変えたので
最初に自分の手でDLしてやったフリーゲームだったかなぁ・・・。


Ibは美術館を舞台としたゲームで、かなりストーリーが練られています
さらに美術館ということで、なんと敵は美術品です。美術品が襲いかかってきます


ib3.jpg


怖い怖い・・・



topimg.jpg



真ん中が主人公のイヴちゃん
恐らくタイトルの「Ib」はここから来ているんでしょうね。
作中では、主人公という点を考慮したとしてもかなり堂々とした行動や言動をすることがあり、
それは危険を察知しきれない子供らしさを感じさせたり、イヴの根底の力強さや芯の強さだったり・・・。
よくホラーゲームはサブキャラが主役に躍り出てしまうことが多いんですが、「Ib」の主人公は
間違いなく彼女です
絵も味が合ってとてもいいですよね・・・ちなみに9歳の女の子です、大人っぽい



右側がギャリー
Ibの人気キャラクター、道中で出会ったイケメンなお姉さ・・・お兄さんです。
ギャリーの正体は物語中でも深く言及されることはありません。
ただオネエ言葉を喋る、イヴの保護者のポジションに立っています
イヴよりも心強くたくましいかと聞かれれば・・・まぁ・・・疑問の寄りが残りますが・・・
とにかくイヴの身を案じて連れ添ってくれる人、Ib好きでギャリーが嫌いな人はいないとまで言われてますね
私ももちろん好きですけども



左側が金髪の幼女のメアリー
彼女も美術館に迷い込んで一人で歩き回っていた女の子、イヴと同い年くらいです
明るく天真爛漫といった感じで、寡黙なイヴ(まぁ主人公なので喋らないんですけど・・・)とは真反対といった感じ
物語の中盤程で出会い行動を共にします
彼女もイヴと同様行動に躊躇があまりないタイプ、突き進んでいくイメージです
私この子大好きなんですよね





Ibは美術館の中を、出口を求めて進みながら謎を解いていくゲームなんですが、この謎がまた一つ一つ凝っていて
難易度もそこまで難しくないのでやりやすいゲームです
美術品が襲ってくると先ほど言ったんですが、すべてがすべて襲ってくるわけではなく、展示されているものの中には
見ているだけで楽しめるようなものもあります、作りが細かいんですよね


Ib4s.jpg




このIbは初めから周回プレイが前提として考えられているゲームです
1発でGOODエンドにいける方は、恐らくいないでしょう。いたとしてもそれはかなり丁寧に丁寧に進めてやっとの話です
ただ、このGOODエンドはもちろんプレイ側から見たGOODエンドなわけです。
他の選択肢により向かったエンディングが「BADエンド」なのか
そこに考察の余地が隠されることとなります。
誰かにとってのHAPPYエンドは、誰かにとってのBADエンド、逆もしかり。
このゲームはそんなゲームです、プレイ者の感情移入の仕方によってはHAPPYエンドの意味合いが変わってしまいます。


また、物語の中盤までは、何が起こっているのか理解が出来ない点が多すぎます
しかし終盤の畳みかけるような事実の露呈やそれに対するキャラの行動によって明かされていくこの世界の真実の仕上がりは
恐らくフリーゲームの中では相当な完成度です
プレイした方の中にはクリア後に彼女たちはどうなったのか、美術館でこの子・この人は何を考えていたんだろうかと
考えを巡らせていた方、多いんじゃないでしょうか?


que-14104640834.jpg


ホラー要素についてですが、この作品はホラーゲームとしてのホラー表現はそこまで怖くはありません。
ですが、心臓に悪い・精神的にくる、そういったホラー表現があることは否めません
若干トラウマになったシーンは山ほどあります


20130327155712a5d.jpg


yjimage_2016112222464925e.jpg



ですが、それ以上にキャラの心情の表し方や甘くない世界の結末にため息が出る作品です
極端にホラーが無理!!と言う方じゃなければ出来るんじゃないかなと思っています。


que-14104640834.jpg



ちなみに、Ibはその後ファンの方の期待に応えてバージョンアップされ、新ダンジョンやEDが追加されました
恐らく初期バージョンクリアの1年半後くらいにやった覚えがあるんですが、1年半の時を超えて、やっとIbが
完結したという気分になりました、それくらいこのゲームは感情移入してしまうし、キャラの考察がおさまらず
それもまた長い間Ibが愛される要因となっているようですね
Ibをプレイしたことはあるけど、新ダンジョンや新ED追加されているの知らなかった!と言う人は
ぜひプレイしてみて下さい。Ibはこのバージョンアップによるストーリーで完結します。


smile_20161122224637d23.jpg



先ほども言いましたが、「誰かにとってのHAPPYENDは、誰かにとってのBADEND」
私はIbはそんなゲームだったなと思います、あくまで個人的にです!
ただ、それだけこのゲームにはキャラ一人一人の心情を考えさせられました、ゲームを進めるための
謎解きや推理だけでは収まらない何かが、このゲームをプレイした後に心に残っています

やり応えがあるゲームをお探しの方はダウンロード推奨→「Ib」のダウンロードはこちらから

一応やりこみ要素もあるので、そちらもやり応えに繋がると思います



いつも紹介している64のゲームと違って、こちらはフリーでダウンロードできるゲームですので5分後には
始められます

ぜひぜひやってみて欲しいなと思う作品です


Ibは思い入れがかなり強いので、いつかネタバレありの記事で感想とか書きたいなと思います。
またいずれ



スポンサーサイト

にほんブログ村 ゲームブログへ
にほんブログ村  ←良ければぽちっとお願いします♪

コメント

非公開コメント

  • ページトップへ
  • ホームへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
<